大道芸クロニクル
TNC
大道芸ワールドカップin静岡とは?

毎年11月初旬に静岡県静岡市で開催され、150万を優に超える人を集める「大道芸ワールドカップin静岡」。今やアジア最大級のパフォーミングアーツ・フェスティバルとして世界的にも注目されていますが、その人気の秘密はどこに?初めての方は、まずは一読。通の方も、再確認!の基本情報を解説します。


ワールドカップ部門とは、この大会のメインでもある「ワールドカップ」の審査対象となる、世界屈指のアーティストたちが競い合う部門です。オン部門は、国内外からの多数の応募の中から選ばれたアーティストを招聘した部門です。ワールドカップ部門のようにコンペティション形式ではありませんが、ワールドカップ部門に劣らない個性ある素晴らしいパフォーマンスを見せてくれます。フリンジ部門は、25周年の契機に新しく生まれました。今まで出場していなかった新しいジャンルや幅広いパフォーマンスなど、これまで以上に紹介していく部門です。

世界各地で行われているパフォーミングアーツのフェスティバル。その規模は様々ですが、90組を超えるアーティストが参加するこの大会はアジア最大級の規模を誇ります。また近年では、世界各地からフェスティバルのディレクターがアーティスト探しに来静するようになりました。

毎年、アジア・ヨーロッパなど世界のパフォーミングアーツフェスティバルに直接出かけ、実際に演技を見て、静岡でも紹介したいと判断したアーティストに本大会を説明しエントリーシートを渡します。その後審査を経て選ばれたアーティストのみが出場します。

ワールドカップチャンピオンは公募によって選ばれた市民審査員によって審査されています。「あなたが1,000円持っていたとしたら、このパフォーマンスにいくら投げ銭をしますか?」という静岡独自の「投げ銭方式」で審査員それぞれがジャッジをして、合計の投げ銭(得点)によりチャンピオンが決定します。この他に参考として「視覚性・独創性・魅了度・高感度・国際性」の5つの項目に対して各10点満点で採点を行っています。

固定のパフォーマンスポイントで演技を行うアーティストとは違い、街に突然あらわれる、出会いのハプニングを楽しませてくれるタイプのパフォーマンス。出会ったら一緒に楽しんじゃおう!そのアーティストと出会える可能性のある場所が「ウォーキングストリート」です。

審査得点の合計でもっとも多くの投げ銭(得点)を集めたアーティストがチャンピオンとなります。チャンピオンをはじめ、シルバー賞、ブロンズ賞など入賞者には賞金が贈られます。その他に素晴らしい演技をしたアーティストには「実行委員会特別賞」が贈られます。チャンピオンの座に輝いたアーティストは翌年の大会にも招待され、スペシャルゲストとして参加します。

静岡市葵区の駿府城公園内及び市街地周辺、他にサテライトポイントとして、駿河区のアピタ静岡店や清水区のエスパルスドリームプラザにも演技場所があります。駿府城公園と市街地を結ぶ道路周辺でも様々なパフォーマンスが行われています。

大道芸ワールドカップin静岡は「大道芸」という枠を超えて、世界中の様々な芸術や幅広い表現を含めた「パフォーミングアーツ」のフェスティバルとなりました。その目指すところは、フェスティバルをきっかけにアートとの距離を縮めること、パフォーミングアーツによって豊かな街を作ること、そしてその文化エネルギーによって芸術文化創造都市を実現することです。

【公式キャラクター】大道芸ワールドカップin静岡を広く世界にアピールする為に生まれた公式キャラクターの「パフォくん」と「パフォちゃん」。変幻自在に表情を変えるカメレオンをイメージしており、かわいくシンプルにデザインされた彼らは、子供からお年寄りまで幅広い世代に愛されています。

【公式マーク】大道芸ワールドカップin静岡のシンボルマーク。アーティストの動きをモチーフにしたデザインにはしっかりと地に足を付けながらフェスティバルの中心に向かって、時には縦横無尽に、時にはまっしぐらに突き進むイメージが描かれ、フェスティバルの柔軟さと無限の可能性を表現しています。

*掲載内容は最新の情報とは異なる場合があります。
*大道芸ワールドカップin静岡についての詳細は大道芸ワールドカップ実行委員会事務局にお問い合わせください。